サイトアイコン インタビュアージェーピー

「住んでもいいオフィス」とは?

住んでもいいオフィスとは?
 
建築家ユニット・勝亦丸山建築計画では、古いビルをリニューアルして「住めるオフィス」として再生させる事業を展開している。
地方の空きビルを借り上げて期間限定で都心からテナントを募集し、半年後には満室となり、近隣も活性化した。
働き方が変わりライフスタイルも変化する今、新しい発想のシェアハウスとして注目されている。
代表取締役の勝亦優祐氏、取締役の丸山裕貴氏にお話を伺った。

 
フリーランスとして働く。地方と東京、地方と地方の多拠点で働く。在宅勤務と出社勤務のハイブリッドで働く……。
働き方の多様化は加速しつつある。
大企業が続々と副業を解禁する時代、「どこでどう働くか」は「どこでどう生きるか」という問題でもあるのだ。
ただの勤務空間ではなく、人とのつながりが自然に生まれるオフィス、地域につながるオフィスが増えていくことに期待したい。

(インタビュアー=高橋 朋子

 
記事はコチラ 多拠点で働く時代の「人とつながる、住めるオフィス」


モバイルバージョンを終了