インタビュアー


榎並 千陽 Chiharu Enami
/愛知県出身
チーフインタビュアー 榎並 千陽

タレント活動をしながら、人を輝かせる仕事にも魅力を感じていたところ、インタビュアーという仕事に出会う。インタビューを通じて、インタビュイー(インタビューされる人)の魅力や考えていること、本音などを言語化していくことで多くの人に影響を与えていきたい、さらにインタビュアー自身の成長にもつながるような機会を作りたいと考えている。たまにお酒を飲むと、「ポンセはマリオよりルイージに似ている気がする」といった謎の持論を延々と展開し、周囲を困惑させている。

 

インタビュアー
知夏 七未 Nanami Chinatsu

インタビュアー 知夏 七未

 

インタビュアー
松阪 美歩 Miho Matsuzaka

インタビュアー 松阪 美歩

 

インタビュアー
鈴木 タカラ Takara Suzuki

インタビュアー 鈴木 タカラ

 


その他、数名の若手インタビュアーが所属しています。

 

提携インタビュアー・インタビュー指導
加藤 晋 Akira Kato

提携インタビュアー・インタビュー指導 加藤 晋

音楽、アート分野から、日本の風土、歴史、そしてビジネスまで、さまざまなジャンルに幅広く精通。矢沢永吉などのトップアーティストを含め、2,000人以上へのインタビュー実績を誇る。出版業界人の中でも彼を慕う者が多い。実父は島崎藤村の最後の弟子であり社会思想家の加藤千代三。静かな面持ちながら、青年のような熱いハートを持つ。

<加藤 晋 インタビュー歴(1974~2017)>(クリックで表示)

1974~1976年
廣済堂出版「マネーライフ」および「週刊時代」で、毎日新聞社友であり日本の宝石王と言われた日美創業者・大谷貴義氏のインタビューを皮切りに、当時の東洋工業(現マツダ株式会社)・山本健一社長、サントリー・佐治敬三社長など多くの経財済界人をインタビュー、さらに川内康範師の下で芸能関係者のインタビューもこなす。

1976~1980年
演奏者のためのロックマガジンの草分け的雑誌「ロッキンF」では、新人からスターミュージシャンまで、4年間でおよそ150組500人超の海外アーティスト、国内ミュージシャンをインタビューする。
海外アーティスト:ランナウェイズ、ブロンディ、TRB、ストラングラーズ、イギー・ポップ、フリートウッドマックなど。PUNK、NEW WAVE系のバンド、傍流の大御所アーティストなど多数。
国内アーティスト:P-MODEL、S-KENなどPUNK、NEW WAVE系のほぼすべて。憂歌団、佐井好子など真正のアーティストを主にインタビュー。

1980~2007年
雑誌のフィールドでフリーのインタビュアー(記者・ライター兼務)として、旅・芸能・音楽関連を中心に、政界から一般人まで幅広く、毎月4、5人の方をインタビュー。この間の一時期はポカラ出版「時間の森」、日本鳩レース協会機関紙「レース鳩」の編集責任者として関連する方々を精力的にインタビュー。
映画関連:篠田正浩、熊井敬などの監督、岩下志麻、山本陽子、久本雅美、相田翔子、岸本加世代子、三田村邦彦、田中健などの俳優陣、BORO、雪村いづみ、さだまさし、泉谷しげる、加藤登紀子などのアーティスト……などとともに、特技を持つ一般の方々、教育関連のインタビューなど。

2007~2010年
音楽CD販売大手チェーン・新星堂の販促誌「Sound Estate」「DROPS」両誌の編集責任者として、海外、国内アーティスト・インタビューを、毎月3組程度継続していた。
国内アーティスト:来生たかお、矢沢永吉、上原ひろみなどの大御所、ONE OK ROCK、フランプールなどのNEW COMERも併せてインタビュー。

2010~2014年
再び雑誌のフィールドで、フリーのインタビュアーとして活動。主に一般の方々をインタビュー。

2014~2016年
活動のフィールドをNetメディアに移し、インタビュアーとして活動。主に中小企業経営者などをインタビュー。

 

コンテンツイズキング株式会社
代表取締役 吉田 久則 Hisanori Yoshida

コンテンツイズキング株式会社 代表取締役 吉田 久則

早稲田大学第一文学部中退。「信長の野望」「三國志」「真・三國無双」などで有名な大手ゲームメーカー、株式会社光栄(現・株式会社コーエーテクモホールディングス)で、宣伝部長、編集長などとして活躍。その後、Webサイト制作会社やコンサルティングファームにて、東京都、経済産業省の事業プロジェクトに参加した100社を超える企業の経営者にインタビューを行うなど、幅広くコンテンツ制作を担当。大手事務機器メーカーのポータルサイトでの記事執筆などライターとしても活躍。フリーランスの期間を経て、コンテンツイズキング株式会社を設立、代表取締役に就任。