日欧米のオフィスの違いをPLPアーキテクチャー駐日代表に聞いてみた
 
海外と日本とではオフィスはどう違うのか。
日本よりABW(Activity Based Working)が浸透している印象の欧米のオフィス事情、そして日本と海外の働き方の軸の違いとは。
ロンドンを拠点に活動する建築家・リサーチャー集団PLPアーキテクチャーの駐日代表、中島雷太氏に建築家の視点から伺った。

 
仕事はコミュニケーションがあってこそ。仲間と働くなら最重要な要素だ。コミュニケーションを疎かにするなら個人事業主でも良いことになってしまう。
リモートワークが一般化した今、その基本に立ち返って互いの信頼を培わなくては、リモートワークもABWもスムーズには進まないことを、中島さんのお話から学んだ。
中島さんは、日比谷公園を中心とした内幸町エリアの街づくり「TOKYO CROSS PARK構想」に参加しており、マスターデザインという形で、全体のデザインと、「ノースタワー」、「セントラルタワー」という高層ビル2棟を担当している。
様々な視点を盛り込んだ内幸町の新しい街づくりにも期待したい。

(インタビュアー=高橋 朋子

 
記事準備中、乞うご期待! 日本のオフィス・働き方が海外と決定的に異なるところとは? ~PLPアーキテクチャー 中島雷太氏インタビュー


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください