サイトアイコン インタビュアージェーピー

「自由なスタイルで働く」「生産性を上げる」どちらもできるオフィスづくりとは?

「自由なスタイルで働く」「生産性を上げる」どちらもオフィスづくりとは? 
コロナ禍によってテレワークが一般化し、一時は「オフィスなくても仕事はできる」という「オフィス不要論」も叫ばれたが、最近では、出社とテレワークを組み合わせる「ハイブリッドワーク」が主流となりつつある。
かつてのように応接室やエントランスを中心にリニューアルするのではなく、社員の働きやすさを追求し、執務スペースを重視してオフィスを見直す傾向があるという。
オフィスデザインを手がける株式会社ヴィスの執行役員、森陽香さんにお話を伺った。

 
一日の執務時間を固定席だけで完結しているワーカーは、今や少数派だろう。
人出不足を背景に、企業側は働く環境の整備を積極的に進め、フリーアドレスやハイブリッドワークは今後、更に広まっていくものと思われる。
「自由なスタイルで働く」と「生産性を上げる」という双方を満たすオフィスづくりは、今後も課題でありつづけるだろう。

(インタビュアー=高橋 朋子

 
記事はコチラ アジャイルオフィスで働く環境の最適解を探す ~株式会社ヴィス 森陽香氏インタビュー



モバイルバージョンを終了