バーチャル職場が現実のものとなるとき
 
コロナ禍の中、さまざまなオンライン体験サービスが登場した。
コミュニケーションが不足したり人間関係を構築しにくかったりするリモートワークのデメリットを克服してくれる”バーチャル職場”は、その本命とも言えるものだ。
ゲーム「あつまれ どうぶつの森」でもお馴染みの(そしてFacebookの社名変更で一気に知名度が高まった)「メタバース」が、今後、世の働き方を大きく変えるかもしれない。
2021年7月にアメリカ発のバーチャル空間サービス「Virbela」(バーベラ)を日本国内でリリースした株式会社ガイアリンクの千野将氏にお話を伺った。
 
アバターなら、空を飛ぶことも、世界遺産を訪ねることも可能だ。障がいのために出勤がままならない人でも、バーチャル空間なら能力を発揮できる。
メタバースはもはや映画の中の絵空ごとではなく、確実に現実のものとなりつつある。
バーチャル空間のオフィスと、現実のリアルなオフィスは、どのような関係をもつようになるだろうか。

 


記事はこちら DX最先端“メタバース”で現実化するバーチャル職場~ガイアリンク 千野将氏インタビュー[アスクル みんなの仕事場]]


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください