経営者に寄り添った攻めと守りのサポートで依頼殺到!子育てと仕事を両立させるママだからこそできる、きめの細かいサービスとは?

【AGEMANサポート
代表サポートマネージャー 松木友紀様インタビュー】

最近注目を浴びているオンライン秘書サービス。会社に雇用されて働く秘書とはどんな違いがあるのでしょうか?
攻め(営業)と守り(事務)の両面で売上UPをサポートする営業秘書サービス「AGEMANサポート」を提供されている松井友紀様にお話を伺いました。

経営者のあらゆる困りごとに対応する秘書サービス

AGEMANサポート 代表サポートマネージャー 松木友紀

弊社はオンラインでの秘書サービスを行っております。オンライン秘書サービスの会社はいくつもありますが、弊社の場合は、どちらかというと秘書よりも、営業事務のサポートに近い内容になっています。あともう一つは、経営者様のお困りごとに対して専門家の方をご紹介したり、何か解決できるような糸口のご提案をさせていただいています。

おっといきなりの急展開。営業事務に近いとはどういうことでしょうか?

実は、私自身は営業事務を経験していないと思っていたのですが、私の中では「秘書業務」と思っていたようなことを、「それは営業事務だよね」とお客様に言われて気づいたんです。アポイントを取ることや、企業様に提案する資料や見積書などを作ることが多いのですが、後で調べてみたら、そういったことは営業事務だとわかりました。

たしかに営業事務に近い。意図せずして、他社との差別化を図れたわけですね。料金体系など、例えば電話が何コールでいくらという形で区切られているのですか?

基本的にはお客様に一度お会いして、必要なものをカスタマイズするという形でサービスを提供しております。

なるほど。直接会って、依頼内容のボリュームによって金額が決まるということですね。

そうですね。オンライン上で仕事が完結してしまう時代だからこそ、やはりメールなどだけではニーズを汲み取れないということと、一度お会いしないと相手の方も不安になってしまうと思うので、会うことをとても大切に考えています。

たしかに。メールだけだと感情が見えないから、受け取り方も変わっちゃったりしますものね。

きめ細やかなサービスに、感激の声が寄せられる

お客様はどのような方が多いのでしょうか?

基本的には経営者の方が多いのですが、経営コンサルタントをされていらっしゃる方など、様々です。

経営者だと、どういった依頼内容が多いですか?

大きく2つに分かれます。事務がすごく苦手なので、事務作業をやってほしいという方と、営業先との連絡にかける時間を省きたいので、売り上げに直接につながる状況に持っていってほしいという方です。

なるほど。どちらも売り上げに直結するような内容ですね。

そうですね。他にはお客様のお客様に対して、きめ細やかなサービスをするという依頼もあります。

お客様の反応や感想はどうですか?

御社のサービスを利用してから売り上げが上がり、効率がよくなりました」「いろいろな秘書サービスを使いましたが、細かいところまで気づいてくださり、心から感謝しています」「またお願いしたいです」といったお言葉などをいただいています。

御社が一番だったと言ってもらえるのは、うれしいことですよね。忙しい経営者様に代わって、契約書を袋とじしたり、手書きで手紙を送ることもあり、そういったきめ細かさに感激されることが多いそう。
ちなみに私生活でもいろいろ細かく対応されているほうですか?

「人に喜んでもらいたい」という気持ちが基本にありますので、相手に伝わっているどうかはわかりませんが、気持ちとしては、そのつもりでやっています。もちろんダメなところも多々ありますが。

完璧な人間なんていませんって。

あと、細かい対応というわけではないのですが、断捨離や整理整頓がけっこう好きですね。

断捨離は大事だと言いますよね!運気も上がるとか。

夫が物を捨てられないタイプだったのですが、私がバシバシ捨てるのを見ていてだんだん影響を受けたようで、今では積極的に物を捨てるようになりました(笑)。

影響力すごい!ちなみにこれまでに困った依頼はありましたか?

今はもうやっていないのですが、モーニングコールなどもしていました。

最近よく聞くサービスですよね。

事業を立ち上げた頃は、なんでもやってみようという気持ちでお引き受けしたのですが、途中で、お客様のほうからお断りされてしまいました。結局、それだけでは起きられなかったみたいで。

なんとも理不尽な。モーニングコールサービスを提供していた頃の松木さんは、毎朝5時に起きていたそう。
他に嫌だったことはないですか?秘書として食事に付いてきてほしいとか。

依頼の中では特にないですね。食事の同行については、ビジネスの場ではない場合はお断りしています。打ち合わせに同行してほしいといった依頼は、多いですね。

何か変わった依頼はありましたか?

外食が多くて体調を気にされている経営者様に、「たぶん今疲れていらっしゃるので、豚肉を食べたほうがいいですよ」という助言をしたら、大変喜ばれたことがありました。

うれしいですね、それは。特に松木さんみたいな綺麗な女性に言われたら、ちゃんと栄養をとろうかなっていう気にきっとなりますよね。

いえいえ、そんな。ありがとうございます(笑)。

子育て中の女性の仕事の難しさや悩みを解決したかった

どういうきっかけでこの会社を作ることになったのですか?苦労した点があれば教えてください。

AGEMANサポート 代表サポートマネージャー 松木友紀もともと会社員として特許事務所で商業事務をやっていたのですが、子育ての関係で、どうしても休まなくてはいけない日があって、周りの方は「気にしなくていいよ」と優しくしてくださったのですが、私のほうが申し訳なくなって、続けられなくなってしまいまして……。

「子育てあるある」ですね。

「出産した女性が会社で働くことの難しさや悩みをなんとかしたい」という思いから、このサービスを立ち上げました。

雇用される形だと時間に縛りがありますものね。
松木さんは立ち上げ時から、経営者の方の手助けをしたいと考えていたそう。

経営者の方は皆さんすごく優秀なので、なんでも自分でこなしてしまう人が多くて、最初はその中に入っていくのが大変でした。やはり人に任せるとなると、そのために教える時間を割かなくてはいけなくなりますから。

いますよね。優秀がゆえに一人で全部やってしまう方。そういう中で、どのように仕事につなげていったのですか?

経営者の方の交流会に参加したのがきっかけでした。そこで興味を持ってくださる方と接点ができたり、紹介をしてもらえたり。

なるほど。やっぱり異業種交流会は役に立ちますか?

一概にいいとは言いきれないですね……運だけで生き延びているところがあるので。

それも、松木さんの力だと思いますよ。

最初の頃はたくさんの人と会うことを目的にしていたのですが、それだけではダメだと思い、お会いする人を絞るようになってからは、良いつながりができるようになってきました。

そこから、どんどんつながっていったのですね。
ちなみに、この事業を始めてから、ご家庭のことは融通がきくようになりましたか?

そうですね。子どもがケガをしたときのような緊急時には、すぐに行けるところにいるので、前よりは心の負担がなく仕事をできますね。時間があるときには、子どもの忘れ物を届けに行ったりできています。

それは本当に良かった。お子さんは小学校2年生と4年生で、2人とも女の子だそう。
今、一緒にお仕事をされている従業員さんはいらっしゃるのですか?

従業員という形ではありませんが、子育て中の女性や、これからご結婚される女性にお手伝していただいております。

稼働はどれくらいなのでしょうか?

AGEMANサポート 代表サポートマネージャー 松木友紀皆さん、大体1日2時間くらい働ける方が多いですね。あとは、曜日や、その方々のライ フスタイルに合わせてやってもらっています。作業場所はご自宅。領収書、経費、名刺などのデータ入力や、録音データの文字起こしなどをお手伝いしていただいています。

なるほど。仕事をしたくても子育ての都合で家から出られないお母さんにも、可能性がありますね。

あとは、いずれ社会復帰をしたいから、その予行練習として仕事をしたいという方もいらっしゃいます。

松木さん自身、会社を立ち上げたことで時間に融通が利くようになっていますし、松木さんのもとで働く方も、空いている時間で仕事ができるので、まさにwin-winの関係が成立していますね。
今のところ仕事の依頼も多く、人材募集もかけているそう。御社にはどんな方がマッチすると思いますか?

人のために何か役に立ちたいと思っている方ですね。年齢層には特に決まりはありません。我が強すぎると困ってしまいますが、自主的に提案してくださる方のほうが、より好ましいです。

男性の場合はどうですか?

男性はちょっと……女性限定ですね。子育てをしている女性は、普段から子どものわがままを受け入れているので、許容力がありますし、かつダメなことにははっきりとダメと言える面がありますから、クライアントのサポートをするという仕事は、女性のほうが適任だと思っています。

ヒト、カネ、情報のことで頭を悩ませている経営者をサポートしたい

御社のことをこういう人に知ってほしい、こういう方に出会いたいというのはありますか?

一人でも多くの経営者にお会いしたいという気持ちがあります。秘書サービスに関しては、どなたでも必要にされていることですので、いろいろな方とお会いして、お話をお伺いしたいですね。
私の座右の銘は「我逢人(我、人に逢う)」です。人生は出会いこそすべて。考え方が違う人と会うことで、自分の視野が広くなりますし、柔軟な考えを持てるようになると思っています。

松木さんにぴったりな座右の銘ですね。
今後はどのような事業に力を入れていこうと考えていますか?

サポートだけにとどまらず、より経営者の方が困っていることを解決できるようなご提案をできるサービスを提供していきたいと思っています。経営者は、人、お金、情報の3つで悩まれている方が多いので、つねに情報収集をしながら、人とお金の面で何か力になれることはないかと思うんです。

おお……もはや営業事務を超えて、コンサルティングの領域ですね。
では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

私、 吉田松陰がすごく好きなのですが、松陰の名言で「反求諸己(これおのれにはんきゅうす)」という言葉があります。「すべての問題は自分の中にある。今起きている問題はすべて自分が蒔いてきたものなのだから、何か問題があったときには周りのせいにせず、まず自分を振り返ってみよう」というような意味です。この言葉を胸に、私自身も何かあったときには、まず自分がどういう在り方だったかを立ち返るようにしています。
仕事のご依頼については、何かお役に立てることがあれば、いつでもお会いしたいので、ご連絡ください。

子育てと仕事の両立の難しさに挫折したことをきっかけに、自分に何ができるかを改めて見つめ直すことができた松木氏。
彼女の旗揚げによって、彼女だけでなく、たくさんの経営者やお母さん方が救われる形となりました。
やはり仕事というのは誰かを幸せにしたいと考えることが、自分の幸せにつながっていくのでしょう。

インタビュアー 榎並千陽

経営者に寄り添った攻めと守りのサポートで依頼殺到!子育てと仕事を両立させるママだからこそできる、きめの細かいサービスとは?

コメントを残す