あなたの知らない“函の世界”!

普段なにげなく使わせてもらっている紙の函(“箱”ではなく“函”です)。
そこには、私たちが気づいていない、様々な工夫が施されていました。平和商事株式会社の竹前さんの話を聞いたら、きっと函の世界に魅せられること間違いなしです!

フランス修行帰りのシェフと一緒に作り上げた函をベースに

平和商事株式会社 代表取締役 竹前友勝氏インタビュー御社はどのような製品を作っていますか?何かこだわりや特徴があれば教えてください。

「弊社では、主に和洋菓子の函を作っております。82年前、祖父の代から、フランス帰りの洋菓子シェフの方たちと一緒に、当時のフランスで使われていた函を再現しようと作り始めたのが最初でした。今は、お客様のオーダーに応じて、様々な形や大きさの函を作っています。」

すごいですね。82年前というと、昭和初期。まだ海外で修行する人も少ない時代ですよね。
オーダーで作るところに特徴があるということでしょうか?

「そうですね。今はオーダーとは別に既製品としても販売しています。お菓子の函というのは、形状が一度決まったら、長く使われ続けるものなので、新しく変えようというお客様が少ないのが現状ですが。」