「ガラスの魔術師」の技術力が世界的有名ブランドから理化学研究者までに頼られている

【有限会社桐山製作所
代表取締役 桐山 時男氏インタビュー】

おとぎ話の世界に出てくるガラスの靴。そんなのないない……って、ありました!ガラスで何でも作ってしまう魔術師がいると聞いて、さっそくお話を聞いてきました。

「うちでは、おもに理化学実験用のガラス器具を作っています。これがカタログですが、かなりの数があるんですよ。」

そう話すのは理化学実験器具を中心としたガラス製品を手がける桐山製作所の桐山時男代表。

日々注文があるのは、小学校や中学校の理科の実験で使うようなものシンプルなものではなく、大学で使うようなかなり複雑で精密さを要求される実験装置だそう。ガラス製品ならではの難しさや苦労もありそうです。

有限会社桐山製作所  代表取締役 桐山 時男氏「まず、ガラスなので割れるわけですよね。割れやすいものだからこそ、丈夫に肉厚に作るということが大事です。同時に、比較的、使いやすい、あるいは液が自然に流れるような形に作るとか、そういうことは常に気を付けて設計と製作を行っています」「実験などに使う気管ガラスを作る職人と研究室などの現場との距離感がものすごくあるんです。ですから、実際の使われ方を見たことがなかったり、知らなかったりします。それをうちでは、実際の使われ方とか、使ったときの不具合がないかとか、そういうことを職人自身が検証しながらものを作っていくというのが最大の特徴かもしれませんね」

どんな液体を使って実験をしているかということは、企業秘密もあってなかなかわからないそうです。そのため、蒸留とは何か、反応とは何か、ということを自分自身で勉強しながら作っていくそうです。そのおかげで使いやすいと評価される製品ができるそうです。

「新聞の株式欄ってあるじゃないですか。業種別に、鉄鋼、精密とか。あの中で、うちの顧客に入らないのは、金融とかサービス業くらいで、それ以外はほとんどの業種で当社の製品が使われています」

顧客には、企業の研究所や研究開発部門が一番多く、その他には理工系の大学や、農林水産省など国の機関など。

大量注文なども多そうですが。

「大量注文よりも種類が多いんです。少量多品種ですね」

意外でした。高い技術を持った職人さんがいらっしゃらないと対応できないですよね。

テレビでも桐山製作所さんのガラス製品が見られることは多いそう。

「ドラマの実験室などのシーンでは当社の製品がよく登場しますし、広告宣伝用のガラスの靴やおしゃれな形をしたガラスのティーポットとか、ほとんどが一点物です。ほかには料理番組で使われたガラスの丼があります。ご飯をよそってお汁をかけますよね。天丼とか、その時にお汁のしみ込み具合を横から撮りたいということで」

制作会社や美術さんの間では、ガラスで何かを作りたい、となったらまず桐山さんに相談しようということになっているようです。

顧客の要望に応えて、さまざまな一点物のガラス製品を作ってきたそうで、世界的に有名なブランドの人形の服や、チェスセットなど、本当に製品の幅が広いですね。

「ガラスの理化学実験装置を作る技術を使えば、ほかのものは大抵作れるんですよ」

本当にいろんな特注のガラス製品の実績を伺いましたが、その中は、テレビで見ていた印象的なCMなんかで使われていた小道具だったり。

実際に発注した顧客はどういう反応をされるのでしょうか。

「使いやすいと言っていただけることは多いです。あと、地震の時にテーブルから落ちて、他のメーカーのものは壊れちゃったけど、桐山さんのところのものは壊れなかったよというお話をいただいたり、なかなかうまくできない実験がうまくできましたというようなこととか」

すばらしいですね。

「でも、前例や見本がないので、想像と違っていたという場合もあるんですよ。そういうときのフォローが難しいですね。修正できるものは修正します。修正できないようなものは0から作りかえということもあります」

そのため、打ち合わせがかなり大切だそうです。

「実験装置なんかについては、納品時よりも、それを使って価値ある結果が得られたときなど、それはもう本当に喜んでいただけますし、こちらもうれしい気持ちでいっぱいですよね」

そうやってブランドができあがっていくんですね。

「すべて製品が自社ブランド、桐山ブランドで出していますから、間違ったものが出せない。その点、実験がうまくいったとき、正直一番うれしい気持ちです。あとは、リピートにつながったりとか」

桐山ブランド、私も好きになってきました。

そんな桐山製作所さんは、桐山社長のお父さんが創業社長で、桐山社長が二代目です。ちなみに、お父さんは技術部長として現役で活躍されています。

「父ははじめ、着物の紋を描く仕事に就いていました。戦争が激しくなってきて、そういう平和産業は難しくなるよということで、今度はお茶の水の製図学校に行ったんです。紋を描くのと製図のやり方は同じところが多く、経験者だと思われたそうです。そこで製図の基礎を学んでいるので、今使っているうちのカタログの図面は、すべて手書きで技術部長である父が製図の技術で作成したものなんです」
世界的有名ブランドから理化学研究者まで!頼られる技術力と提案力を持つガラスの魔術師に会ってきました!
世界的有名ブランドから理化学研究者まで!頼られる技術力と提案力を持つガラスの魔術師に会ってきました!
世界的有名ブランドから理化学研究者まで!頼られる技術力と提案力を持つガラスの魔術師に会ってきました!

カタログにある美しい図。これらがCADを使わずに全部手書きだなんて。

「父は製図学校から、今度は陸軍の登戸研究所(明治大学生田キャンパス)というところに勤めたんですが、そこは研究所ですから、こういう化学の実験部屋があって、ガラス器具を使っているわけです。その中でガラス器具を修理したり作れる人が欲しいということになったらしいんです。当時、うちみたいな民間の会社で1年間、技術を習得してきてほしいということで外に出されたんですね。それが理化学ガラスと接した最初ですね」「そのうち終戦となって職を失いました。東京大学に行く機会があって、偶然、薬学部からフラスコなどのガラス製品が見えたんです。そこで、自分はこういうものを作ったり直したりできるとアピールした。そしたら、やってくださいと言われた。それで東大の学生さんが使うものを作ったり、修理したりすることをやり始めたわけです」

偶然が重なっていますね。

「その後は、大学を卒業した人たちから父のところに注文がくるようになったんです。注文が増えてきて、いつまでも大学の中で商売をしているわけにはいかないですから、独立したんです」

きっと品質が高かったのだと思います。

3年前、お父様から受け継いだ後、苦労されたことはありましたか?

「代表になる前に工場長をずっとやってきたんですが、やっぱり新しい製品を作ったり、方向性をもっとはっきり出していかなければなりません。それを実現するのが難しいですよね」

新たに始められたことなどはありますか?

「たとえば展示会で、蒸留装置を抽選で無料配布したりしました」

蒸留装置を無料で配布!反響はどうだったのでしょう。

「すぐに売上げが上がるというようなことはなかったのですが、TwitterとかFacebookでの書き込みなどが増えたり、多少変わってきました」「これはつけペン用のインク壺です。漫画家の方が、従来のものではインクがこぼれたり使いにくくてストレスを感じていたんです。そこで、提案したら喜んでいただいて、SNSで拡散しました。Twitterで『コニック瓶』と検索していただくと出ます」

見た目が美しいインク壺。インスタ映えしますね。

桐山さんは、こんな美しいガラス製品たちに囲まれて育ちました。そして、幼いころから、常に仕事の内容や工作風景を見て、自然に自分もやりたいと思っていたそうです。

魅力のある仕事だということは子供なりにも感じていました。

ちなみに、桐山社長の幼いころからの趣味はミニチュアの車とのことで、コレクションの一部は最近始めたInstgram「tokio kiriyama」で眺めることができます。細かい加工など、ガラスの仕事に通じることがあるようです。

ガラス製品の世界での実績は十分に思える桐山製作所さん。

これから開拓していきたい分野などはあるのでしょうか。

「アーティストというか、作家さん、あるいはデザイナーさんとのコラボをやりたいですね。いろいろなシーンで。たとえば、これは前菜を入れるための器なんですが、星野リゾートさんの箱根で使われているガラスなんですよ、三段重で。こういうものの発想とか、こういうものをやっていきたいなと思いますね。こういう発想をしてくれる人や、うちで発想したものを現地でプロデュースしてくれるような人とは接点をもちたいです」

どんどん新しいものが生まれていきそうです。ガラス製品にしか出せないようなキラキラした魅力は、クリエイターの発想を刺激して人々を引きつけるはずですね。

そんな桐山製作所さんで働きたいという人は多いのではないでしょうか。

「ガラス工芸の学校の出身の人とか、大学でうちの製品を使っていた人など、縁があった人が来てくれていますので、うちから求人を出すことは滅多にありません」

世界的有名ブランドから理化学研究者まで!頼られる技術力と提案力を持つガラスの魔術師に会ってきました!一見難しそうな仕事に見えますが、一人前になるのに、どのくらいかかりますか?

「複雑なものは10年かかります。でも数か月程度でできるようになる仕事もあるんです」

なるほど。

桐山さんによると、大切なのは器用かどうか、よりも一生懸命練習するかどうかだそうです。

「今も、新しい実験テーマが出てきて、新しい実験装置の開発や製作が求められています。そういうニーズをこちらからサーチして、適した道具を提供していかなければなりません。その努力をこれからも続けていきます」

最後に、経営者やビジネスマンのみなさんにメッセージをお願いします。

「会社をやっていると景気不景気いろいろあります。不景気の時に自分のところで扱っているものが売れない、出ないとなったときは、その技術を他のジャンルに振り分けたらどうかという発想をされたりするのが大事だと思います。また、今の自分が相手にしているお客さんからの情報収集をより密にするということも大事です。自分ができる技術の目先を変えて、他に転用したらどんなことができるのかということをもう少し考える、ということは大事なんじゃないかと思います」

創業者の先代社長は、紋屋の技術を製図に活かし、製図の技術をきっかけにガラス製品の開発と製造へとつながりました。

二代目の桐山社長は、新しい器具を開発、提案しつつ、ドラマやCMの小道具まであらゆるものに用途を広げています。

まさに親子二代で技術の転用を体現されていました。

ガラス製品の美しさに目を奪われていましたが、インタビューをしているうちに、その繊細さの中に隠された知恵を見た気がしました。

その輝きにまだまだ可能性を感じる榎並でした。

インタビュアー 榎並千陽

世界的有名ブランドから理化学研究者まで!頼られる技術力と提案力を持つガラスの魔術師に会ってきました!