ガラスで何でも作ってしまう魔術師さんにお会いしました

おとぎ話の世界に出てくるガラスの靴。そんなのないない……って、ありました!ガラスで何でも作ってしまう魔術師がいると聞いて、さっそくお話を聞いてきました。

「うちでは、おもに理化学実験用のガラス器具を作っています。これがカタログですが、かなりの数があるんですよ。」

そう話すのは理化学実験器具を中心としたガラス製品を手がける桐山製作所の桐山時男代表。

日々注文があるのは、小学校や中学校の理科の実験で使うようなものシンプルなものではなく、大学で使うようなかなり複雑で精密さを要求される実験装置だそう。ガラス製品ならではの難しさや苦労もありそうです。

有限会社桐山製作所  代表取締役 桐山 時男氏「まず、ガラスなので割れるわけですよね。割れやすいものだからこそ、丈夫に肉厚に作るということが大事です。同時に、比較的、使いやすい、あるいは液が自然に流れるような形に作るとか、そういうことは常に気を付けて設計と製作を行っています」「実験などに使う気管ガラスを作る職人と研究室などの現場との距離感がものすごくあるんです。ですから、実際の使われ方を見たことがなかったり、知らなかったりします。それをうちでは、実際の使われ方とか、使ったときの不具合がないかとか、そういうことを職人自身が検証しながらものを作っていくというのが最大の特徴かもしれませんね」