アメフト日本代表に4回選出されたコンサルタントが吠える!

ミッションを達成し、顧問先の企業を去るときには、社員総出で見送られる。そんなコンサルタントがいます。京都大学時代には、アメフト日本代表に4回も選出されて活躍。しかも、コンサルティングには関係がないようなテーマの著書を2冊も出している。

それが、ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎代表。一体、どんなコンサルタントなのか。強い興味を抱きながらの取材開始となりました。

企業・組織のライフサイクル診断から見えてくること

一口に「コンサルタント」と言っても、手がける領域はさまざまですが、どんな仕事をされているのでしょう。

ペネトラ・コンサルティング株式会社代表 安澤武郎氏インタビュー「最近は、主に2つのサービスに取り組んでいて、1つは営業組織の改革プログラム。市場が飽和して成熟して競争環境が厳しくなっているので、どんどん攻めていかないといけない。だけど、攻める力が足りないので、営業組織の力量アップをしよう、顧客との接し方を変えようというのがありますね」「もう1つは、そもそも今、何が課題なのかわからない。でも、このままだと市場が小さくなっていく。その中で、何から着手していいかわからない。そんな企業を対象に、ちょっとユニークな診断サービスというものを提供しています」

ユニークな診断サービス。一体、どんな?

「組織のライフサイクルという観点で診断するんですね。組織のライフサイクルというと、人間も、子どもからどんどん大人になって成人して歳をとって死んでいくわけなんですが、企業体、組織体も同じように小さい時から成長していく。最初は創業者がこういうことを世の中に提供していきたいと思い立って、情熱しかなくて人脈も何もない。そういう時に人を巻き込んで事業として成長させていく。社員が5人から10人になり、20~30人になると、その人たちの気持ちや仕事をマネジメントしなければいけなくなります」

なるほど。
人間の一生のように、組織の一生を「ライフサイクル」と呼んでいるんですね。そして、年齢とともにさまざまな変化が起こってくると。

「マネジメントというか、役割分担をちゃんと決めてチームにしていくんですけれども、その中で、管理側と現場側で今度はコンフリクト(衝突)というか、意見が合わなかったり。もっと自由にやりたいとか、もっときっちりと決まり通りやりたいとか、そんなぶつかり合いが起こります」

どの組織でもありがちだと言われていることですね。