コミュニティ総数5万人!圧倒的な情報発信力を武器に、新たなスポーツ事業を切り開く情熱家のお話。

【株式会社Padel Asia
代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー】

スペインで発祥し、今ではテニス人口を超えてしまうほどの人気を誇るラケット・スポーツ「パデル」を、皆さんはご存じでしょうか。
幅広い年齢のファンが増えつつあるパデルの魅力、そしてパデルと玉井さんとの運命的な出会いや、今後のさらなる普及のための株式会社Padel Asiaの課題などについてお話を聞いてきました。

エンターテインメント性が半端ない!老若男女に人気のスポーツ「パデル」

私たちは、スクールの運営とレンタルコートやイベント企画運営、その他にもパデル用具の販売を行っています。

そう話すのは、14年間経営してきたIT企業の社長を退任し、パデルのスポーツ施設を経営する玉井勝善代表。日本では馴染みのないスポーツでありながら、体験レッスンに来られた半数近くの方が入会を決めるほどリピート率が高いそう。いったいどんなスポーツなのでしょうか?

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「簡単に言うと、周りを金網とガラスに囲まれたコートの中で行うテニスのようなものですね。壁の反射を利用して、ラリーにつなげることができることが最大の特徴です。
パデルは43年ほど前にスペインで始まったものなんです。スペインのある観光地で、ボールが飛び散りやすいテニスコートがあって、取りにいくのを面倒くさがってレンガで囲ったのだそうです。そしたら、ボールがレンガにぶつかって跳ね返ってきます。その跳ね返ってきたボールを打ち返したら、けっこう面白かった、というのが始まりなんです。
2000年頃に人気に火がつき、一気にスペイン、ヨーロッパ、南米で流行っていきました。今では、スペインのパデル人口は、テニス人口の約4倍にもなり、売り上げが完全にテニスと逆転しているんですよ。」

面倒くさがり屋なスペイン人ならではの発想がきっかけとのこと。でも、壁に跳ね返る要素が加わっただけで、テニス人口の4倍になるなんて、すごい。他にどんなところに魅力があるのでしょうか?

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「パデルというのは、エンターテイメント性が半端ないんです。壁を使って打つから、スーパープレイや珍プレイが出やすいし、テニスの場合は、自分が抜かれちゃったら終わりですけど、ボールが跳ね返ってくるから、ラリーもそう簡単に終わらない。
また、選手を近い距離で見られることも魅力ですね。金網越しに30cmくらいの距離で選手が見られるので、コミュニケーション要素も備えたスポーツだと思います。」

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビューなるほど。自分の声援が届く距離で、選手が試合している様子を見られるというのは、迫力がありますね。
スクールに来られるお客様は、30~40代のテニス経験者が多いようですが、学生の間でも徐々に増えてきているそうですね。体が弱い方でもできるのでしょうか?

「スペインだと高齢者施設に入って、介護士さんがいないと生活できない方たちでも、杖をつきながらやってきます。ボールがどういう角度で跳ね返ってくるのか考えながら体を動かすので、ボケ防止にも良いんですよね。
コートがテニスコートの半分しかないので、テニスほど大きく動かなくてもいいですし。スペインでは『車いすパデル』なども、盛んでしたね。
オリンピック、パラリンピックが南米やヨーロッパで開かれるとしたら、確実に競技種目になると思います。ちなみに、うちでは最も年齢が高い方だと、72歳のお客様がいらっしゃいます。」

たしかに。それだけパデル人口が多ければ、オリンピックの競技種目になるのも夢ではないですね。それにしても、年齢層が幅広い!お客様からの反響はどうですか?

「楽しかった、またやりたいと言っていただけることが多いですね。壁を使うのは難しいのですが、それも含めて楽しんでもらえるているようで、毎日のように来られる方もいらっしゃいます。
あと、よく聞くのは、テニス未経験の方で、パデルを始めたことで運動を習慣化できるようになったという話ですね。
ジムでの運動は辛くて続けられなかったりするのですが、パデルだと、ストレス解消にもなるみたいです。」

ほどよい運動で健康になれそう。リピーター率が高いのも頷けます。

「最近ではイベントにも力を入れています。夏には、うちのスクールで『パデル&バーベキュー』『パデル&流しそうめん』をやったり、あとは六本木のスペイン料理店に出店していただいて、おいしい料理とお酒を楽しみながらパデルをするイベントや、合コンならぬ「パデコン」も開いたりしています。パデコンでは、多いときで20対20。そこからカップルになった方も2組ほどいて、今でもよくパデルをやりに来てくださっています。」

異なるジャンルのものと合わせることで興味を持ってもらえることってありますよね。テニス経験者でも、パデルは初めてという方が多いため、上手い人と下手な人が一緒でも楽しめるそうです。
株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「今ではパデルに全力を注いでいる玉井氏ですが、もともとテニス一辺倒で、パデルには興味がなかったそう。創業のきっかけは何だったのでしょうか?」

もともと、ITの会社でWebサイトやアプリの開発などの事業をやっていたんです。でも、それはあくまで受託でやらせていただいている仕事でしたので、自分自身で何か始めたいという思いを昔から持っていました。そんなときに、『お肉が食べられて、飲める』というイベントがあり、そこでパデルに出会って、『なんじゃ、これは!』と驚いたのです。」

まさに運命の出会いだったんですね。
パデル施設を建設するにあたって、クラウドファンディングで資金集めを呼びかけたそうですが、苦労はありましたか?

「クラウドファンディングでは最終的に785万円ほど集まりました。これはスポーツ史上過去最高でしたね。」

す、すごい。

「でも、やはり資金集めには苦労しました。さらに、予定していた土地が急遽使えなくなってしまって、その時期は肉体的にも精神的にも追い込まれていたと思います。その後、知人の紹介で善福寺公園テニスクラブの野田支配人と出会うことができ、なんとかパデル東京を作らせていただくことができました。」

白紙に戻されるのは心が折れますね。でも、滑り込みセーフで助かって良かったです。

子どもたちにパデルの楽しさを知ってほしい

事業が軌道に乗った今、御社のことをこういう人に知ってもらいたい、こういう方に出会いたいとかいうものはありますか?

「まだ地域の方々の中には、パデルを知ってもらえてない方もいらっしゃるので、もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。土日は100%近い稼働率なのですが、平日の1時から夕方5時6時までは結構空くんですよね。この地域にお住まいのマダムの方や、お子さんがいらっしゃる方にパデルの存在を知ってもらえれば、多分その時間も埋まるんじゃないかなと思っています。」

知らない人はずっと知らないままですもんね。どうやって広げていこうと?

「スポーツを広めるには、トップ選手を作らないといけないんです。テニス界で言うところの錦織選手のような存在ですね。でも、パデルはまだそういう人が生まれるところまで根づいてないので、芸能人の方を起用して宣伝する戦略を立てているところです。」

たしかに、宣伝の戦略としては、有名人を起用すると早く広がっていきますね。

「TBSオンデマンド」表紙より
「TBSオンデマンド」表紙より
「『キャプテン翼』の作者である高橋陽一さんに全面協力していただいた大会を開催したり、TBSさんとも協力して、一緒にパデルの企画を考えたりしています。『波乱爆笑』というテレビ番組で取り上げられたときは、反響がすごかったです。
プライベートでも、氣志團の早乙女さんが週1回通ってくれて、私とダブルスを組んだこともあるんですよ。」

それはすごい。ファンの子なら絶対会いに行きたくなる。

「ただ、あんまり有名人ばかりを前面に出すと、営業っぽくなってしまいます。これからのパデルを考えると、実際にやっていただきたいのは、子どもたちです。全国大会や世界大会に出て行くような子たちを作っていきたい。ジュニアの育成はこれからやっていきたいですね。」

素敵な目標ですね。
これからどんなところに力を入れようとお考えですか?

「2030年までに120施設を作っていく予定なのですが、思い入れのある場所は、クラウドファンディングを積極的に活用して、ファンを地域でつくっていく戦略を考えています。もちろん会社名の通り、日本だけじゃなくてアジアでナンバーワンのパデル運営会社になるつもりです。」

実際のところ、スポーツ的に普及させようとすると、アジアという市場は難しいですか?

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「基本的にテニスが普及している国であれば、ある程度は可能だと思います。でも、初期費用がけっこうかかるスポーツなので、国そのものがある程度豊かでないと、難しい面もありますね。土地がないと言われているシンガポールなどでも、ビルの上に建設できる技術があれば、施設を作れるのですが。」

なるほど。日本では、次にどのあたりに建てたいですか?

「国内で今一番建てたいのは横浜ですね。うちのスクールには横浜から来ている方が多くて、なかには2時間かけて来てくれる方もいらっしゃるんです。」

パデルが好きな人の近くに施設ができたら、もっと普及しそうですね。
施設を増やしていくにあたって、交渉力や人脈など必要になってくると思うんですけど、何か他社には負けない御社だけの強みなどはあるのでしょうか?

「うちは、他のところと比べて情報発信力があると思っています。SNSを活用したり、個別に人を誘えるネットワークをもっていたり。私も20年ほど、インターネットを通じたテニスのコミュニティにずっと入っているのですが、そこは仲間が5万人もいるんですよ。ボランティアで合宿をやったり、いろんな企画をやったりしています。おかげで、「インターネットで面白いことをやっているといったら玉井」というイメージがテニス業界にできました。それがうちの強みになっています。」

20年続けてこられたのは、やはり好きだからでしょうね。

0から1を作るのは本当に面白いですよ

これから施設が増えるにあたって人材も必要になると思いますが、どんな人が向いていると思いますか?

「パデル愛があって、人を集められる人。これから一気に施設が増えていくので、支配人が足りないんですよ。支配人というのは、施設を全体的に統括する人です。コーチングスタッフもこれから必要になってきますので、テニスのコーチ経験がある人にも来てほしい。」

ある程度、テニスの技術が高くないと難しいということでしょうか?

「正直、そんなにパデル自体がうまい必要はありません。接客業、サービス業として、ゼロから作るので、パワーがなくてはいけないし、年齢を問わず、「0から1を作りたい!」という熱い情熱がある人が いいですね。
何か調べようにも、スペイン語の文章ですし。パデルの説明については毎回同じことを必ず言わなきゃいけない。なぜなら誰も知らないから。でも0から1を作るのは本当に面白いですよ。」

大変なぶん、達成感は相当なものになりそうですね。
それでは最後に、経営者やビジネスマンの皆さんにメッセージをお願いします。

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「やりたい仕事があるなら、その気持ちを持ち続けることが大事だと思います。本当にやりたいと思った時は、退路を断ってでも本気でやる。その退路を断った生きざまが、周りの人を突き動かして、応援してくれたり、助けてくれたりすることがあると思うんです。
こうじゃなきゃいけない、こうすると外れちゃう、というようなことも恐れず進みたい。私は、40歳すぎてから、自分の気持ちに正直になり、好きなことを人生に活かしていくことを意識しはじめて、それからは充実した日々を過ごせるようになりました。」

お金や年齢の問題で、チャレンジすることを諦めている人にとっては、勇気づけられる言葉ですね!

好きなテニスの仕事を常に探し続け、パデルと運命の出会いをした玉井氏。これまでに培った情報発信力を武器に、今後もパデル界におけるアジアの第一人者へと突き進んでいく勢いです。
一人の強い思いが、何人もの心を動かす力になると、あらためて気づかされた榎並でした。

インタビュアー 榎並千陽

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー

コメントを残す