テニスを超える人気の新スポーツ「パデル」の魅力に迫る!

スペインで発祥し、今ではテニス人口を超えてしまうほどの人気を誇るラケット・スポーツ「パデル」を、皆さんはご存じでしょうか。
幅広い年齢のファンが増えつつあるパデルの魅力、そしてパデルと玉井さんとの運命的な出会いや、今後のさらなる普及のための株式会社Padel Asiaの課題などについてお話を聞いてきました。

エンターテインメント性が半端ない!老若男女に人気のスポーツ「パデル」

私たちは、スクールの運営とレンタルコートやイベント企画運営、その他にもパデル用具の販売を行っています。

そう話すのは、14年間経営してきたIT企業の社長を退任し、パデルのスポーツ施設を経営する玉井勝善代表。日本では馴染みのないスポーツでありながら、体験レッスンに来られた半数近くの方が入会を決めるほどリピート率が高いそう。いったいどんなスポーツなのでしょうか?

株式会社Padel Asia 代表取締役 日本パデル協会副会長 玉井勝善様インタビュー「簡単に言うと、周りを金網とガラスに囲まれたコートの中で行うテニスのようなものですね。壁の反射を利用して、ラリーにつなげることができることが最大の特徴です。
パデルは43年ほど前にスペインで始まったものなんです。スペインのある観光地で、ボールが飛び散りやすいテニスコートがあって、取りにいくのを面倒くさがってレンガで囲ったのだそうです。そしたら、ボールがレンガにぶつかって跳ね返ってきます。その跳ね返ってきたボールを打ち返したら、けっこう面白かった、というのが始まりなんです。
2000年頃に人気に火がつき、一気にスペイン、ヨーロッパ、南米で流行っていきました。今では、スペインのパデル人口は、テニス人口の約4倍にもなり、売り上げが完全にテニスと逆転しているんですよ。」

面倒くさがり屋なスペイン人ならではの発想がきっかけとのこと。でも、壁に跳ね返る要素が加わっただけで、テニス人口の4倍になるなんて、すごい。他にどんなところに魅力があるのでしょうか?