業務の見直しだけではなく、人材教育にも力を注ぐコンサルタント会社アバージェンスにトツゲキ!

コンサルティング会社といってもやり方は様々。業務の見直しだけではなく、人材教育にも力を注いでいるアバージェンスはどんな取り組みをしているのでしょうか?

成果にこだわりプロジェクトが終わるまで泊まり込む

株式会社 アバージェンス ディレクター辻田拓人

辻田 弊社は法人様向けのコンサルティングを手がけている、コンサルティングファームです。

そう口火を切ったのは、アバージェンス設立当時からのメンバーであり、現ディレクターの辻田氏。
続けて話すのは入社2年にしてディレクターを務める葛西氏。

株式会社 アバージェンス ディレクター葛西幸充氏葛西 アバージェンスには、3つの特徴があるんです。1つ目は、プロジェクト期間中に必ず適格な成果をあげること。2つ目は、成果を上げるために組織内のマネジメントをマネジャーの変革という手段で行うこと。3つ目はマネジメントの評価を通じて、マネジャーだけではなく社員の認識や行動を変え、それを習慣化させて結果的に成果につなげていくということです。

3つ目は教育みたいな感じですか?

葛西 教育というより実践ですね。仕事のやり方を変えるということです。1つ目の「成果」というのは、売上の拡大、コスト削減など営業利益の改善といったことです。あとは常駐型で、お客様のところに日々行きます。プロジェクトはだいたい4~6か月が多いのですが、終わるまでお客様の近くのホテルで寝泊まりします。

ずっと泊まり込むのですか!それはすごく特徴的ですよね。

葛西 それだけ成果にこだわっているからですね。もちろん土日は帰りますけど(笑)。