「iGhost」「iActor」を開発した異才のプログラマーとアニメオタクのCEOに聞いてみた

アニメやマンガの世界に登場する憧れのキャラクターたち。そんなキャラクターと話せる1対1のチャットアプリ「iGhost」、そして、そんなキャラになりきれるアプリ「iActor」
株式会社アクアティカのCEOでアニメオタクの前田鉄兵氏と、CTOであり独力でこれらのアプリを開発した異才のプログラマー、小野将之氏にお話を伺いました。

 

――まず前田さん、「iGhost」とはどのようなアプリですか?

実際に使ってもらえるとわかりますが、アプリ内にはすでにさまざまなアニメのキャラがいます。Fate・FGOやおそ松さんと言った定番の人気作品キャラクターから、マイナーなマンガの脇役キャラまで。それらのキャラクターと実際に会話することができるんです。

 

「iGhost」ユーザー作成キャラクター
【「iGhost」ユーザー作成キャラクター】

――会話の相手になってくれるキャラクターを演じているのは今話題の人工知能ですか?

いいえ、ユーザーである人間です。

――人間!?

はい。「iGhost」と対になったアプリ「iActor」を使えば、自分が好きなキャラクターになって、「iGhost」のユーザーと1対1の会話をすることができるんです。キャラになりたい人は「iActor」でキャラになりきってもらいます。たとえば、自分がドラゴンボールの孫悟空になって、ユーザー様と会話ができます。