Airbnbの永田英知さんが語る、アフターコロナの住まい方とは

Airbnbの長田英知さんが語る、アフターコロナの住まい方とは

新型コロナ禍でリモートワークが普及し、外出や移動が自由にできなくなったことにより、ビジネスパーソンの在宅時間が増えました。
ポスト・コロナ時代に仕事場も兼ねる住まいはどのような価値基準で選べばいいのでしょうか。
ということで、『ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか』の著者であり、Airbnb Japan株式会社 執行役員の長田英知氏を訪ねました。

ワーケーション、セカンドハウス……
新型コロナ禍によってこれまでにない変化が起こり、中でも、家や住まい方には大きな変化が起こっています。
自分や家族にとって理想的な住まいとは何かと悩むビジネスパーソンに、長田さんのご著書『ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか』は様々な指針を与えてくれることでしょう。

 


インタビューはこちら ポスト・コロナ時代は住まいが仕事の質を決める 〜Airbnb Japan 長田英知氏インタビュー[アスクル「みんなの仕事場」]


 

コメントを残す