NY修業で獲得したコミュニケーション術で日本人のビジネス意識を問う ~グローコム 岡本純子氏インタビュー

1000人の経営者・企業幹部の話し方を変えた岡本純子さん

コミュニケーションとは、端的に言えば人と人が話をすることだ。誰もがしていることだが、実は訓練が必要なほど難しい。
グローコム代表取締役・岡本純子さんはコミュニケーション・ストラテジストを標榜する。
12万部を突破した話題本「世界最高の話し方」の著者で、1000人の経営者・企業幹部の話し方を変えたという岡本さんを訪ねた。

「コミュニケーションを重視している経営者は多くありません」と岡本さんは言う。

「『経営にコミュニケーションって重要?』と問題意識がないんですよね。
 企業経営はコミュニケーションがすべてといってもいいと思います。
 決断力が大事といいますが、それを伝える力や同意させる力、モチベーションを上げる力がなくて、一体どうやって経営していくのでしょうか」。

ひと口にコミュニケーションと言っても、身近な挨拶からビジネスの交渉までさまざまなものがある。
話し方やジェスチャーひとつ、心構えひとつで印象は180度変わる。
それを「戦略」として訓練し、誰もが人と人のつながりを楽しくできたとき、どんな社会が出現するだろうか。
岡本さんのコミュニケーション・メソッドが日本中に、そして世界に広がる日が楽しみだ。

 


インタビューはこちら NY修業で獲得したコミュニケーション術で日本人のビジネス意識を問う ~グローコム 岡本純子氏インタビュー[アスクル「みんなの仕事場」]


 

コメントを残す